共働き夫婦でも効率よく稼ぎつつ、円満に家庭を築くことが出来る!

MENU

共働きのメリットデメリット

 

現在では多くの家庭が「共働き」家庭です。
また、結婚前の男性や女性も「共働き」を希望する人が多く居ます。

 

共働きの場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

共働きのメリット

 

経済的余裕が出来る

これが共働きでいることの大きなメリットではないでしょうか?

 

2人とも働く事により、マンションや一戸建てを購入するなど、生活環境の向上をする事が出来ますし、貯蓄を増やす事もできます

 

先々、定年退職などで仕事を引退した後なども、貯蓄により余裕のある生活をする事が出来ます。

 

また、どちらか片方が病気などで働けなくなってしまった場合でも、収入の心配をする事がありません

 

女性の社会的立場が維持できる

女性だって男性と同じようにキャリアを積んでバリバリ仕事をしたい、と思うものです。

 

結婚後も今までと同じように仕事をする事が出来れば、女性の社会的立場を維持する事にもつながります

 

女性にとっても仕事は「生きがい」である事が多いものです。

 

 

共働きのデメリット

 

家事や育児の両立

共働きの場合、家事も育児も男性と女性で「共働き」する必要があります

 

仕事をする前や仕事をした後、掃除や料理など分担していたとしても、家事を行う労力は精勤的にも体力的にも大きな負担になります。

 

また、相手が自分の分担の家事をしていない事に不満や苛立ちを覚え、喧嘩の原因になる場合もあります。

 

子供が生まれた場合、「産後休暇」後の「育児休暇」をどうするのか、保育園を見つけて復職する事が出来るのか、などの課題も増えます。

 

子供が病院に行かなければならない場合どうするのか、学校などのPTAは必ず回ってくるので、その場合どのように対応するか、など子供への今後の対応について前もって話し合って決めておく必要があります