男性は女性に家事と仕事の共働きという考えや共感も求めている。

MENU

専業主婦と共働きについて

 

共働きの夫婦

 

将来、結婚することになるとまず議題にあがるのは「専業主婦になるか、共働きか」ではないでしょうか?実のところ男性は女性に専業主婦と共働きのどちらを求めているのでしょうか?

 

男性の約7割が「共働き」であることを希望している

 

経済的な観点からも共働きである事を求める男性が約7割と、専業主婦を求める男性の倍以上となっています。

 

自分ひとりなら何とかなっても、二人分の家計を一人で支えるのが難しい男性や、今後の事を考えて貯蓄額を増やす為、女性も外で働くのが一般的な時代だから、という男性が多いようです。

 

また、女性側から見ても、社会から孤立しないため、今の会社の地位を守りたい為、など自分の仕事にプライドを持っている人も多いのが現状です。

 

しかし、共働きをするのであれば家事の分担はどうするのか、子供が生まれたらどうするのか、を事前にきちんと話し合っておく必要があります

 

「仕事も欲しいし、家事も全部して欲しい」ということであれば、女性側にばかり負担が偏ってしまい、不満や喧嘩の原因に必ずなります。

 

「妻も働いていて大変なのだから、この家事は自分が責任を持ってやる」という「家事も共働き」という考えを共感する必要があります

 

また、子供ができた場合「産後休暇」やその後の「育児休暇」や「復職した後の子育ての分担」などもきちんと話し合っておく事が大事です。

 

現在では「男性の育児休暇取得」が叫ばれていますが、自分の地位を守る為、会社の理解を得られないため、など様々な理由で育休を取得しない男性がほとんどです。

 

また、保育園や学校の対応など、母親にばかり役目を押し付けるのが当たり前だと言う男性も居ます。

 

子供を産んだ後は「保育園」の問題、「復職後」の退社時間の問題、などさまざまな問題が直面してきます。

 

今想像できる事だけでもかまわないので、男性側も女性側に経ち、きちんと解決策を見つけておく事が大事です。