専業主婦を選択すると子供にもメリットがあり旦那さんも安心出来る。

MENU

専業主婦のメリットデメリット

 

専業主婦のメリットデメリットについて

 

現在は共働き家庭を志望する男性や女性が多くいる反面、専業主婦を望む男性や女性も存在しています。

 

実際に専業主婦になった場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

  • 専業主婦のメリット
  • 男性が家事をしなくて済む

 

共働きの場合、男性も女性と同様、家事をする必要があります。

 

しかし、専業主婦の場合、家事は全て女性が行ってくれるので、仕事から疲れて帰ってきても家事をする必要がありません

 

子育てを任せられる

 

共働きが多い現代でも、幼稚園や学校などでは、必ず「PTA」という役が回ってきます。

 

役回りによっては、仕事を休まなくてはならなかったりするものもあり、共働き家庭だとその役回りを女性にばかり任せてしまうと、必ず女性側の負担になってしまいますし、場合によっては仕事に影響する事もあるため、男性側が都合をあわせなくてはならない場合もあります。

 

また、子供の予防接種や子供が病気になった場合、どちらかが仕事に都合をつけて子供を病院に連れて行かなくてはなりません。

 

専業主婦の場合、これらの仕事を全て妻に任せる事が出来ます。

 

 

専業主婦のデメリット

 

孤立

今まで社会で働いてきた人なら、なおさら社会からの孤立感に襲われます。
近くに友人などが居ない場合は、特に孤立感を深めてしまいます。
子育てが初めてだとなおさらストレスになりがちです。

 

男性側は女性が孤立感を持たないように、きちんとサポートしてあげる必要があります。

 

男性が家事をしない

専業主婦が家事をすべてやるもの、と男性側が思い込んでしまうため、男性が一切の家事をできなくなってしまう可能性があります

 

この場合、妻が病気などで倒れてしまうと家の機能の全てが動かなくなってしまう場合があります

 

復職が難しい

万が一、大黒柱である夫が倒れてしまった場合、専業主婦暦が長くなってしまうと、外で就職する事が難しくなってしまう場合があります。