仕事がどれくらい大変なのかを理解することが、女性の教師と結婚する必須条件です。

MENU

教師

 

モテる要因1. 男性顔負けの収入と安定性

教師

 

正式な教員であれば収入も安定していますし、ボーナスも貰えます。
また、基本的に土日休みなので、家族の時間もしっかりと確保できます。

 

共働きの家庭が多い中、
女性がこれだけの安定さを誇っているのは頼もしいですね。

 

男性顔負けの仕事量と収入を得る教師は、
結婚相手として、生活における不安は何もありません

 

また、収入とは別問題ですが、
教育のプロという点子育てにおいて大きなプラス要因です。

 

育児と生活、結婚生活を考えた際に真っ先に浮かぶこれら二点において、一切不安を感じさせません

 

子供との接し方のプロ「保育士」についてはこちら

 

 

 

モテる要因2. 女教師という名の魅力

 

教師も職業としてのブランドを持っており、
女教師という名にドキッとしてしまう男性は多いです。

 

成人向けのDVDでも女教師をテーマにした作品が多く、
それくらい男性が魅力を感じる職業なのです。

 

このため、彼女や妻が教師と言うだけで、男性は周囲に誇れますし、ステータスになるのです。
また、教師になっているだけあって、頭がいいのは明白です。

 

頭がいい収入が多い知名度の高い職業についているなど、
表面的な魅力は相当なものなので、世間体を意識する男性からは特にモテる職業です。

 

 

 

注意点

 

男性顔負けの仕事量をこなすだけあって、仕事の多忙さも男性と変わりません。

 

帰宅時間が遅いこともありますし、思うように有給がとれないなど、
家庭に支障を及ぼすこともあります。

 

このため、教師を務める女性と結婚するのであれば
男性も家事や育児に協力することが必要不可欠です。

 

これを歓迎するか面倒に感じるか、男性がどちらの感情を抱くかによって、
教師の魅力は大きく変わります。

 

仮にあなたが後者の感情を抱くのであれば、教師と結婚するのはおススメできません。

 

職業のブランドだけで付き合ってしまうと、家庭の問題で衝突が絶えなくなってしまいます。
教師は大変な仕事なので、ストレスも溜まります。

 

確かに職業のブランドとしては強力ですが、
それだけで付き合っていては、とても結婚するのは無理です。

 

仕事がどれくらい大変なのか、それを理解することが、
教師と結婚する上では男性は必須条件になります。