子供との接し方はプロであり、男性が好む性的な魅力も持ち備えています。

MENU

保育士

 

モテる理由1. ギャップ萌え

 

保育士

保育士のモテる最大の要因は、ギャップ萌えです。
昼間は子供達と戯れ、その姿は笑顔で明るい女性です。

 

しかし、女性である以上、彼氏や夫の前では女である一面を見せ、その中では甘さや淫らさを見せます。

 

つまり、昼間と夜では全く違った一面を見せており、そのギャップに惹かれる男性が多いのです。

 

不純な動機に感じるかもしれませんが、保育士である時には決して見せないエロさ、
彼氏や夫であればそれを見ることができますし、そんな立場にある男性に周囲も羨みます。

 

また、保育士という職業自体にブランド効果がある面もモテる要因です。

 

 

 

モテる理由2. 子供好きで明るい

 

結婚を考えた場合、その先には子供の姿が見えてきます。
このため、男性が抱く理想の妻として、子供好きであることが条件の一つになります。

 

その意味では、保育士に勝る女性はいません。
何しろ自ら子供と関わる仕事を選んでいるわけですし、子供好きであることは確実です。
乳児や幼児期においては頼もしく感じますし、教育においても信頼がおけます。

 

こうした結婚を視野に入れた将来を見据えた時、モテる職業として真っ先に挙がるのが保育士です。

 

 

 

注意点

 

我が子優先の対応がとれず、子供が幼い頃には不自由な点が多いのが欠点です。

 

例えば、台風で子供が緊急で帰宅する際、
本来ならば母親が保育園や幼稚園に迎えにいきます。

 

しかし、保育士として働いている以上、
女性は迎えを待つ立場なので、その理由で帰宅することは難しいです。

 

そうなると、このケースでは、父親が迎えに行かなければいけなくなります。

 

このため、「男は仕事で女は家庭」、
それを常識だと思う男性にとっては、衝突する場面が幾度か起こります。

 

また、休みもシフト制であることが多く、決まった曜日に休みがないところが欠点です。

 

このように、子供との接し方はプロですし、男性が好む性的な魅力も持っています。
しかし、休日においては不自由な点が多いため、思いどおりに家族の時間が持てないのが欠点です。

 

その分収入は一般の女性よりも多いでしょうし、安定さにおいては申し分ありません。